Breeding and Observation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラエトゥスミヤマ

前回飼育種がどれぐらいいるか数えたと書きましたが、何故か数え忘れた棚が1つあり、そこに9種類いました・・・
よってこの間の77種と足すと86種類(そのうちミヤマ37種類)、カブトムシ・ハナムグリ入れると95種類でした(^^ゞ
なんかどんどん減らしてるつもりだったんですが改めて整理すると全然減ってない事が分かり正直がっかりです。
減らすと言ったってミヤマは欲しいのがいればまだどんどん買うわけだし
Pカップから大きい容器に移してしまった虫は羽化するまで販売も出来ないし全く先が見えませんね・・・
おっと愚痴はこの辺で終了して今日はラエトゥスミヤマです。


ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53
ラエトゥスミヤマクワガタ
Lucanus laetus Arrow,1943
中華人民共和国/四川省 雅安市 泥巴山  F3
♂53.8mm ♀37.6mm  (♂♀ともに2011年10月羽化)

2010年10/21付のブログで紹介した幼虫が羽化した個体ですが、思ったよりも普通のサイズで羽化してきました。
前のBE-KUWAギネスよりは大きいけど現ギネスよりは小さい微妙なサイズです。
♀は37mmを超えているのでこのミヤマの♀としては特大だと思いますが、他所様の所でどのぐらいのサイズが羽化してるのか全然分からないので何とも言えませんね・・・
そう言う意味ではBE-KUWAギネスは(♀ギネスとかも含め)重要なんだなぁと思います。
因みに羽化したのは♂ばかりで♀は殆どが3年目突入・・・他に12gまで育った♂幼虫もまだ羽化してませんが
3年かかるとかえってサイズ伸びなくなる傾向があるので期待薄ですね

餌は安価な発酵マットで交換は2年間で1回のみ、容器は800ccプラボトル、飼育温度は冬場若干高め(私の飼育環境では)でした。
55mm以上になったらギネス申請してみよう(笑
スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2012/02/11(土) 21:20:01|
  2. 東アジアのミヤマ

プロフィール

kapi

Author:kapi
日々のクワガタ飼育・観察やその他の出来事を書いて行きます。

最新記事

ブリード個体の販売

月別アーカイブ

カテゴリ

ミヤマクワガタの飼育 (155)
日本のミヤマ (24)
台湾のミヤマ (35)
東アジアのミヤマ (9)
東南アジアのミヤマ (34)
南アジアのミヤマ (11)
欧州&中東のミヤマ (33)
北米のミヤマ (9)
その他クワガタ等の飼育 (181)
日本のノコギリ (25)
外国のノコギリ (20)
パリーオオクワ (20)
その他ドルクス (58)
その他クワガタ (30)
カブトムシ (1)
カナブン・ハナムグリ (27)
課題の虫 (8)
オオクワ (4)
チョウセンヒラタ (3)
その他 (11)
未分類 (19)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。