Breeding and Observation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カプレオルスミヤマ羽化

カプレオルス37カプレオルス37カプレオルス37
カプレオルスミヤマクワガタ
Lucanus capreolus (Linné,1763)
アメリカ合衆国東部 F4
♂37.0mm ♀36.3mm (♂♀ともに2013年9月中羽化)

このところ小型のミヤマでも私の所では2年かかることが多かったんですが
雌雄ともに1年で羽化しました。

大型種でも1年でそれなりのサイズが羽化して、温度管理もさほどしなくていいのなら
ミヤマももう少しメジャーな種類になったんだろうに・・・
スポンサーサイト
  1. 2014/07/07(月) 03:26:17|
  2. 北米のミヤマ

カプレオルスミヤマ

10/7(日)にハリーさんとお話させて頂きました。私と違って色々勉強なさっているので
本当に知識豊富でいつもお話を伺うのが楽しくてついつい長時間になってしまいます。
今回も本当に有難うございましたm(__)m


カプレオルス41カプレオルス41カプレオルス41カプレオルス41
カプレオルスミヤマクワガタ
Lucanus capreolus (Linné,1763)
アメリカ合衆国東部 F3
♂41.4mm ♀35.3mm ♂♀ともに2012年8月中羽化

昨年羽化した分の兄弟で2年1化したペアです。
サイズ的には1年で羽化した個体よりほんの少しだけ大きいですが
これぐらいの差なら1年で羽化してくれた方がずっと嬉しいですね。。。
しかも画像は羽化した最大サイズでほかの♂は30mm台中盤~後半・・・
つまり1年で羽化した分と殆ど変わり無しです(^^ゞ
餌交換は2回で使用した餌はUマット→ネイチャーマット→自作マットでした。

お約束ですが途中のネイチャーマット使用時にミミズが湧いて困りました。
驚いたのは800ccのボトルの中にミミズが数えた分だけで大小あわせて40匹ぐらいいた事・・・
噂では聞いてましたが私が使用してた限りにおいては(まだ使用して2年ぐらいでしたが)
今まで一度もミミズが出た事なかったんですが
この時購入した分は全ての袋でミミズが沢山湧きました。何か理由が有ったんでしょうか???
まあ蛹化する時期じゃなければミミズもさほど問題ないんですが気分は良くなかったです。
最近はリニューアルされてミミズ出なくなったらしいのでまた購入してみます。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2012/10/12(金) 21:13:04|
  2. 北米のミヤマ

エラフスミヤマ

エラフス62エラフス62エラフス62
エラフスミヤマクワガタ
Lucanus elaphus Fabricius,1775
アメリカ合衆国/ミズーリ州 セントルイス F3
♂62.2mm ♀37.8mm (♂♀共に2011年9月羽化)

♀はまずまずですが、♂はあまり大きくないですね・・・
昨年は結局セットを組めなかったので今年はセットします。




続きを読む

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2012/04/13(金) 18:58:44|
  2. 北米のミヤマ

カプレオルス

カプレオルス40カプレオルス40カプレオルス40
カプレオルスミヤマクワガタ
Lucanus capreolus (Linné,1763)
アメリカ合衆国東部 F3
♂40.9mm ♀35.1mm ♂♀とも2011年10月羽化

画像の♂は久しぶりに40mm台になってくれましたがこの個体以外の♂は皆小さいです。
1年で羽化した個体で餌交換は途中一回、餌は高価な発酵マット→安価な発酵マットでした。
カプレオルスは今年は産卵セットを組む予定です。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2012/03/13(火) 20:08:51|
  2. 北米のミヤマ

またエラフスミヤマ・・

エラフス58エラフス58エラフス58
エラフスミヤマクワガタ
Lucanus elaphus Fabricius,1775
アメリカ合衆国/ミズーリ州 セントルイス F3
♂58mm ♀36mm (♂♀共に2010年9月羽化)

今年の秋は♀しか羽化しない感じだったんで♂をなんとかしないとなぁ・・・と思ってたんですが
良く探したら1頭だけ中型の♂が羽化していました。
エラフスミヤマは大変飼育し易い種類なのは間違いないのですが
私の飼育環境だと必ず真冬とか春先とか変な時期に羽化してしまう個体がちらほら出てきます。
おかしな時期に羽化してくると活動開始もおかしな事になるんで
♂♀の活動時期が微妙に合わなかったり、産卵数が伸びなかったり若干厄介な事になりがちです。
なんかミヤマと言うよりもノコギリクワガタを飼育しているみたいな感じ・・・

さて今年の更新はこれが最後かな
それともあと一回ぐらいは出来るか・・・

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2010/12/28(火) 19:37:16|
  2. 北米のミヤマ
次のページ

プロフィール

kapi

Author:kapi
日々のクワガタ飼育・観察やその他の出来事を書いて行きます。

最新記事

ブリード個体の販売

月別アーカイブ

カテゴリ

ミヤマクワガタの飼育 (155)
日本のミヤマ (24)
台湾のミヤマ (35)
東アジアのミヤマ (9)
東南アジアのミヤマ (34)
南アジアのミヤマ (11)
欧州&中東のミヤマ (33)
北米のミヤマ (9)
その他クワガタ等の飼育 (181)
日本のノコギリ (25)
外国のノコギリ (20)
パリーオオクワ (20)
その他ドルクス (58)
その他クワガタ (30)
カブトムシ (1)
カナブン・ハナムグリ (27)
課題の虫 (8)
オオクワ (4)
チョウセンヒラタ (3)
その他 (11)
未分類 (19)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。