Breeding and Observation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

四川省のチベットミヤマ

四川省チベットミヤマ67四川省チベットミヤマ67四川省チベットミヤマ67四川省チベットミヤマ67
チベットミヤマクワガタ 原名亜種
Lucanus tibetanus tibetanus Planet,1898
中華人民共和国/四川省 横断山脈(雅安)  WF1 
♂67.9mm ♀42.3mm  雌雄ともに2012年9月中に羽化

四川省のチベットミヤマ原名亜種です。
2010年に野外産を購入して採卵しボチボチ幼虫を得て自作、市販各マットで飼育しました。
2011年5月に最初で最後の餌交換をしたんですが、その時の♂幼虫の最大が18gもあったので
非常に期待していたもののその年の8月に全ての幼虫が蛹室を作成してしまいました。
あぁこれは幼虫大きいけどサイズは駄目だろうな・・・と意気消沈、蛹化を待ちましたが一向に蛹化せず
今年5月になっても幼虫達は蛹室でじっとしたままで
これはもうこのまま死ぬんだろうと更に意気消沈していたんですが
7月に一斉に蛹化して9月中には全ての個体が無事に羽化してきました。
実に丸1年もの間蛹室でじーっとしていた事になります。
今までミヤマでこの様な経験は無かったのでとても勉強になりました。

で、羽化した個体ですが産卵から2年で羽化したものの蛹室で1年食べもせずじっとしてたんで
実質は1年1化したのと変わらないのでサイズは・・・ですね
まぁ今回は無事に羽化してくれただけでも良しと言ったところです。

野外産では♂も♀も腿節や脛節がかなり赤かったんですが、新成虫はやや赤味が有るといった感じ
♀は背中まで微毛に覆われていてミャンマーやベトナムの各亜種とはかなり異質な感じがして面白いです。 続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/11/26(月) 21:37:28|
  2. 東アジアのミヤマ

ラエトゥスミヤマ

前回飼育種がどれぐらいいるか数えたと書きましたが、何故か数え忘れた棚が1つあり、そこに9種類いました・・・
よってこの間の77種と足すと86種類(そのうちミヤマ37種類)、カブトムシ・ハナムグリ入れると95種類でした(^^ゞ
なんかどんどん減らしてるつもりだったんですが改めて整理すると全然減ってない事が分かり正直がっかりです。
減らすと言ったってミヤマは欲しいのがいればまだどんどん買うわけだし
Pカップから大きい容器に移してしまった虫は羽化するまで販売も出来ないし全く先が見えませんね・・・
おっと愚痴はこの辺で終了して今日はラエトゥスミヤマです。


ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53ラエトゥスミヤマ53
ラエトゥスミヤマクワガタ
Lucanus laetus Arrow,1943
中華人民共和国/四川省 雅安市 泥巴山  F3
♂53.8mm ♀37.6mm  (♂♀ともに2011年10月羽化)

2010年10/21付のブログで紹介した幼虫が羽化した個体ですが、思ったよりも普通のサイズで羽化してきました。
前のBE-KUWAギネスよりは大きいけど現ギネスよりは小さい微妙なサイズです。
♀は37mmを超えているのでこのミヤマの♀としては特大だと思いますが、他所様の所でどのぐらいのサイズが羽化してるのか全然分からないので何とも言えませんね・・・
そう言う意味ではBE-KUWAギネスは(♀ギネスとかも含め)重要なんだなぁと思います。
因みに羽化したのは♂ばかりで♀は殆どが3年目突入・・・他に12gまで育った♂幼虫もまだ羽化してませんが
3年かかるとかえってサイズ伸びなくなる傾向があるので期待薄ですね

餌は安価な発酵マットで交換は2年間で1回のみ、容器は800ccプラボトル、飼育温度は冬場若干高め(私の飼育環境では)でした。
55mm以上になったらギネス申請してみよう(笑

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2012/02/11(土) 21:20:01|
  2. 東アジアのミヤマ

韓国のミヤマ

韓国ミヤマ66韓国ミヤマ66韓国ミヤマ66
ディボウスキーミヤマクワガタ (チョウセンミヤマクワガタ)
Lucanus maculifemoratus dybowskii Parry,1873
大韓民国/京畿道 揚平郡 玉泉面  F2
♂66.5mm ♀41.2mm ♂♀ともに2011年9月下旬羽化

昨年は北朝鮮産でしたが今年は韓国産のディボウスキーが羽化してきました。
前にブログに書いた15gだった幼虫は今だ羽化しておらず、先日餌交換時に体重測定したら13gに減ってました。
今回の♂は14gだった個体ですが、だいたい予想通りのサイズで羽化してきますね
ディボウスキーは中国の四川省(チベットにも?)辺りからロシア極東部まで広く分布していますが地域ごとに飼育してみたい気もします。
でもなかなか・・・というか全然入ってこないですよね・・・
韓流とか全く興味も無いけどチョウセンミヤマはカッコイイです(^^)

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2011/11/19(土) 18:24:26|
  2. 東アジアのミヤマ

今年もラエトゥスミヤマを買いました

ラエトゥス2011ラエトゥス2011ラエトゥス2011
ラエトゥスミヤマクワガタ
Lucanus laetus Arrow,1943
中華人民共和国/四川省 雅安市  野外産
♂♀ともに未計測

うちに幼虫沢山いるんですがこれも割と安かったので買っちゃいました。
外国から虫を輸入するのもそれなりのご苦労があるはずなんですが、最近はホントになんでも安いですね・・・
ラエトゥスは普通種らしいのであれなんでしょうがあんまり安くしか売れないようだと業者が輸入するの止めちゃうんじゃないでしょうか
特にミヤマなんて寿命短いし最近は不人気だから折角入れてもあんまり高く売れないだろうから・・・
勿論ブリード個体も基本的に安いですよね~
買うのに何万もかけて飼育に2年以上・・・そんで売る時は二束三文じゃあちょっと厳しいです^_^;
まぁ趣味だから別にいいんですけど・・・

さてラエトゥスですが、野外産なので産むも産まないも結局は♀の状態次第ですよね
頑張ってそれなりの子孫を残して欲しいんですがどうなる事やら・・・


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2011/08/25(木) 18:27:37|
  2. 東アジアのミヤマ

ラエトゥス他餌交換

昨年採卵した韓国産ディボウスキーミヤマ・ラエトゥスミヤマ幼虫の餌交換を行いました。
今日はポケットに携帯が有ったので1枚だけ写真撮りました。
ラエトゥスミヤマ幼虫です。

ラエトゥス幼虫~1

わざわざ写真撮ろうと思うぐらいだからこの幼虫は大きいんです(^^)
ラエトゥス幼虫はうちでは普段大体7~8gなんですが、今回交換した分は写真と同じ10gがもう1頭いて
その他の幼虫も♂は殆どが9g、♀幼虫もなんと7g有るものもいました!
過去の飼育経験上7~8gの幼虫は40mm代後半~50mm代前半で羽化しているので
この幼虫は上手く育ってくれればですがそれ以上になるはずです。
ま、あくまで上手く育てば・・・ですけど・・・

韓国のミヤマは最大の幼虫で15gでした。
此方は66mm~69mmで羽化してくると思います。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2010/10/21(木) 18:22:55|
  2. 東アジアのミヤマ
次のページ

プロフィール

kapi

Author:kapi
日々のクワガタ飼育・観察やその他の出来事を書いて行きます。

最新記事

ブリード個体の販売

月別アーカイブ

カテゴリ

ミヤマクワガタの飼育 (155)
日本のミヤマ (24)
台湾のミヤマ (35)
東アジアのミヤマ (9)
東南アジアのミヤマ (34)
南アジアのミヤマ (11)
欧州&中東のミヤマ (33)
北米のミヤマ (9)
その他クワガタ等の飼育 (181)
日本のノコギリ (25)
外国のノコギリ (20)
パリーオオクワ (20)
その他ドルクス (58)
その他クワガタ (30)
カブトムシ (1)
カナブン・ハナムグリ (27)
課題の虫 (8)
オオクワ (4)
チョウセンヒラタ (3)
その他 (11)
未分類 (19)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。