Breeding and Observation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノビリスミヤマ 羽化

ノビリスミヤマ51ノビリスミヤマ51ノビリスミヤマ51
ノビリスミヤマ51
ノビリスミヤマクワガタ
Lucanus nobilis Didier, 1925
ベトナム社会主義共和国/サパ  WF1
♂52.1mm ♀37.8mm  (♂♀ともに2014年2月下旬羽化)

2013年の7月中に蛹室を作成したまま蛹化せずにじっとしていたのですが
1月になって急に数頭が蛹になり2月下旬頃羽化して来ました。
画像の個体を含めた数頭のみ羽化しましたが他は7/15現在幼虫のまま蛹室でじっとしています。
♀は普通に羽化したんですが♂は羽化した全てが羽化不全気味です。
1月というと私の飼育部屋の気温は高い日で15度程度、羽化した2月下旬も同じぐらいだったので流石にミヤマとは言え寒すぎたんでしょうね

まあ取り敢えずノビリスは我が家の環境では最短2年半ぐらいで羽化させられると言うのが分かりました(^^ゞ

因みに産卵方法は他のミヤマと全く同じ方法で
幼虫の餌交換は途中1回で餌は1本目、2本目ともに自作のマット
容器は800ccプラボトルでした。
スポンサーサイト
  1. 2014/07/16(水) 18:00:41|
  2. 東南アジアのミヤマ

ラオスミヤマ

ラオスミヤマラオスミヤマラオスミヤマ
ラオスミヤマラオスミヤマ
ラオスミヤマクワガタ (マラッツィオルムミヤマクワガタ) ssp.
Lucanus marazziorum ssp.
ベトナム社会主義共和国/イエンバイ  野外産
♂51mm ♀未計測

5月末にドルクスグッズさんに入荷した数ペアのうちの1ペアを購入しました。
ラオスミヤマは大図鑑では ラオスミヤマクワガタ Lucanus sp. とされていますが
ミヤマクワガタ研究をされていらっしゃるれんさんから
原名亜種に関しては2012年にジリオリ氏によって記載されていると教えて頂きました。
本当にどうもありがとうございます。

見た感じ♂はヒメミヤマの系統らしくかっこいいし♀はツヤツヤしてて綺麗です。
飼育的な観点から見てみると、やっぱり難しそうな感じはしますね
これは産ませるのに一苦労して産ませてからは長~~い幼虫期間に耐えていかないといけないと言う
なんとも飼育者には厳しそうな雰囲気のする虫です。
もちろん全て勝手な妄想です(^^ゞ
  1. 2014/07/15(火) 19:40:37|
  2. 東南アジアのミヤマ

ラオス産セリケウスミヤマ

ラオスセリケウス69ラオスセリケウス69

ラオスセリケウス69ラオスセリケウス69
セリケウスミヤマクワガタ ラオス亜種
Lucanus sericeus ohbayashii Nagai et Tsukamoto, 2003
ラオス人民民主共和国/シェンクアン県  WF1
♂69.8mm ♀44.9mm (♂♀ともに2013年9月下旬羽化)

ラオスのセリケウスですが最大個体でも思ったほどサイズは伸びず、70mm台には達しませんでした。
♀もかなり大きくはなったんですが昨年購入元のパイネさんで見せて頂いた個体は47mm以上もあったのでまだまだですね
同時期に羽化したカチン産のフライミヤマより最大サイズは伸びると思っていたんですが
羽化した最大個体を比べるとフライの方がやや大きなサイズになっていました。
フライと比べるとセリケウスの方が産卵させ難いんですが幼虫飼育もセリケウスの方が幼虫体重も伸びずらく難易度高めです(うちの飼育環境では)

そう言えば今年はベトナムの原名亜種入ってきますかね??そろそろまた飼育してみたくなってきました。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2014/04/06(日) 14:33:57|
  2. 東南アジアのミヤマ

ハヤシミヤマ

2~3月は色々あってブログの更新どころではありませんでした。
とは言っても増えた虫をなんとかしないといけないのでオークションへの出品は続けていましたが・・・
だいぶ落ち着いてきたので今日からまた再開します。

ハヤシミヤマ70ハヤシミヤマ70ハヤシミヤマ70
ハンスミヤマクワガタ
Lucanus hansi Zilioli,1999
ミャンマー連邦共和国/カチン州 F2
♂70.2mm ♀46.4mm (雌雄ともに2013年10月上旬羽化)

ハヤシミヤマとして流通していたクワガタですが、大図鑑によるとハヤシミヤマとして記載される前にハンスミヤマという名前で先に記載されていたという事で名前変わったと言うか訂正されたみたいです。
以前は生き虫でも沢山日本に入っていましたが最近はさっぱり見なくなってしまいました。
大アゴの形が変わっていてなかなか面白いミヤマクワガタだと思います。

画像の個体、♂はギリで70mmを超えてくれました。♀もなかなか大きく次世代にも期待したいのですが上手く産んでくれるでしょうか?
♂の幼虫時の体重は最大で22gだったので正直もっと大きくなるかと思っていたんですけどそう甘いもんではないですね(^^ゞ


続きを読む

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2014/04/05(土) 02:20:19|
  2. 東南アジアのミヤマ

今日も・・・

横着して電話撮影の画像で更新です(^^ゞ
今日暴いたのはラオス産セリケウスミヤマ
先日のフライ同様幼虫体重が11gだった個体なのでサイズは60mm台前半でしょう
フライよりも早く羽化してたみたいでこちらはもう結構固まってます。
フライと比べるとアゴは直線的なので同じような大きさの幼虫からでも
セリケウスの方がややサイズは大きめです。
体のサイズは変わらないのでアゴの分だけですけどね

いずれにしても後日きちんと画像撮って載せます。

ラオスセリケウス~1

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2013/10/17(木) 20:03:27|
  2. 東南アジアのミヤマ
次のページ

プロフィール

kapi

Author:kapi
日々のクワガタ飼育・観察やその他の出来事を書いて行きます。

最新記事

ブリード個体の販売

月別アーカイブ

カテゴリ

ミヤマクワガタの飼育 (155)
日本のミヤマ (24)
台湾のミヤマ (35)
東アジアのミヤマ (9)
東南アジアのミヤマ (34)
南アジアのミヤマ (11)
欧州&中東のミヤマ (33)
北米のミヤマ (9)
その他クワガタ等の飼育 (181)
日本のノコギリ (25)
外国のノコギリ (20)
パリーオオクワ (20)
その他ドルクス (58)
その他クワガタ (30)
カブトムシ (1)
カナブン・ハナムグリ (27)
課題の虫 (8)
オオクワ (4)
チョウセンヒラタ (3)
その他 (11)
未分類 (19)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。